メインイメージ画像

死亡保険を重くして下さい

我々は、一生に何回かの分岐路に会います。その局面が、保険の見直しを求められる時です。はじめの分岐路は、伴侶をもち、その後子供を持つ可能性ある時なのです。何かあった際、大切な人達が困らないためにも、医療保険をもっと充実させ、死亡保険を重くして下さい。

次の分岐路は、ご子息が就職した後です。死亡保険を減額し、削った分を自分自身の健康管理を目指し、お金を使うことをすすめます。

先進医療特約等、あなたの身体の状況に合致した特約を申し込むことをおすすめします。三個目の分岐点は、会社を退職後です。医療保険の併用と同時に老後に備えて年金保険なども候補に入れて考えて下さい。

各年代により、当然必須とされる保険の形態は相異なります。結婚していない若い年代と子供が独り立ちしている年代は必須とされる保障の種類が異なるのです。例をとれば、単身の若い世代は、死亡保険は必要ありません。

金銭面を考察すると、医療保険も簡単な払い捨ての方法がいいかと思います。一方、小さいご子息のいる年代は、万が一の際にお子さんのために死亡保険の充実を考えることが大切です。最後に、お子さんが皆家を出た年代は死亡保険を減額し、医療保険の充足を図る必要があるでしょう。

老後の毎日を熟考して、年金保険や養老保険を選択するのも一つの手段です。何が必要なのか保障内容を各年代、再確認をすることをおすすめします。